サーバー再起動時間の設定

アプリケーションサーバーは、リソースのクリーンアップ処理を実行するために定期的な再起動が必要です。
サーバーの再起動は、設定された間隔で、ログイン中のユーザーが存在せず、かつ実行中のジョブが存在しないタイミングで定期的に実施されます。
P5は実行中のジョブを10分間隔でチェックしますので、毎日このリソースクリーンアップタスクが実行できるように15分間程度のジョブを実行しない時間を確保するようにしてください。

デフォルトでは、サーバーは毎日4時から7時の間に再起動するように設定されています。
バージョン1.5以降ではsetup server-wide optionsを編集することでこの設定を変更できます。

ns_section ns/server/$server/module/utility
ns_param restartCron cronsspec

"restartCron" パラメータとその値は下記の書式でスケジュールを記述したものです。

day1-day2 time1-time2 ... dayX-dayY timeX-timeY

"day" とは日曜日を0として0から6の数字で曜日を表しています。
時間の形式はHH:MM (時:分)です。

例:

ns_section ns/server/$server/module/utility
ns_param restartCron "0-1 04:00-08:00 2-4 07:00-08:00 5 11:00-12:00"

この例では、以下の日時にサーバーの再起動を設定しました。
・日曜~月曜の午前4時から午前8時の間
・火曜~木曜の午前7時から午前8時の間
・金曜の午前11時から正午の間

設定を加えないのであれば、restartCronはデフォルトでは午前4時から午前7時に設定されています。
サーバーは毎日午前4時から午前7時の間に再起動が行われるでしょう。

サーバーの再起動設定を変更した後にサーバーログを確認すると、以下のように情報が入力されていることがわかります。

(デフォルトの再起動スケジュールの場合):

[11/Dec/2004:16:58:21][9483.10][-ns_job_0-] Notice: Attempt restart on Sun, 04:00 - 07:00
[11/Dec/2004:16:58:21][9483.10][-ns_job_0-] Notice: Attempt restart on Mon, 04:00 - 07:00
[11/Dec/2004:16:58:21][9483.10][-ns_job_0-] Notice: Attempt restart on Tue, 04:00 - 07:00
[11/Dec/2004:16:58:21][9483.10][-ns_job_0-] Notice: Attempt restart on Wed, 04:00 - 07:00
[11/Dec/2004:16:58:21][9483.10][-ns_job_0-] Notice: Attempt restart on Thu, 04:00 - 07:00
[11/Dec/2004:16:58:21][9483.10][-ns_job_0-] Notice: Attempt restart on Fri, 04:00 - 07:00
[11/Dec/2004:16:58:21][9483.10][-ns_job_0-] Notice: Attempt restart on Sat, 04:00 - 07:00